So-net無料ブログ作成
検索選択

かず兄 [『スタンドバイミー』]

画像 148.jpg

かず兄   ニヒル君




家系図.jpg




「何 俺達
今からチョッチョとたっちゃんに
殺されるわけ?」

「ニヒル君」が青ざめてるくせにバカなセリフを言うから
「むかいのこ」まで

「それなりに抵抗するわよ。」
とクスクス笑う。

死んでる男を前に何暢気なこと言ってんだよ。
お前らは。







共通テーマ:blog

ニヒル君 [『スタンドバイミー』]

家系図.jpg






画像 148.jpg

かず兄   ニヒル君






たっちゃんったら受験生のくせに
人殺しちゃうし。

何やってんだか。

俺が高2の夏休み 
久しぶりに会おうってことで
むかいのことかずと俺とで駅中で待ち合わせな。

どこ行くとも決めてなかったから
とりあえず かずん家行こうぜってことになってさ。

むかいのこが
チョッチョとたっちゃんにも会いたいって言うから
仕方ねーよ。

かず むかいのこに逆らえねーもん。

それはいいとして
お前ん家 マジ山ん中だよな。

かずの言う「裏の玄関」から入ったら
チョッチョとたっちゃんが突っ立ってて
同時に俺らの方を振り向いてさ

2人してぼんやりこっち見てから
2人して顔見合わせてさ

声かけようとしたら
その前にチョッチョが
「ヤダ たっちゃん これで死体が3つ増えちゃったじゃん。」
って言うだろ。

わけわかんねーっての。

でもまあなんだ
チョッチョとたっちゃんって
いつもこんな感じな。

2人だけの世界ってやつ。

この時も「2人だけの世界」で済む話だったらよかったわけ。

けど
チョッチョとたっちゃんの前には
大人の男が一人仰向けになって死んでいた。









共通テーマ:blog

かず兄 [『スタンドバイミー』]

画像 148.jpg


(かず兄   ニヒル君)




家系図.jpg






『スタンドバイミー』はおばさんとネエネエが大好きな映画だった。

チョッチョはっていうと
クリストファーが刺殺されたのが気に食わなくて
今でも「作者は意地悪だ。」と言っているが
『スタンドバイミー』の映画も
ベン・E・キングの『スタンドバイミー』も大のお気に入りだ。

3人が何度も見てたから
俺もたくも小学の時に2、3度一緒に見たことがある。

大まかに言えば
少年4人が死体を捜しに行くという話。

高2の夏休み 
俺も彼らと同じような体験をした。

ただ 違うのは
彼らよりも歳を食っていて
4人ではなく2人で
列車に轢かれた少年を探しに行ったのではなく
俺の弟が殺した大人の男を埋めに行った。











共通テーマ:blog

スタンドバイミー [////////////////////////]

姉妹2.jpg


(かず兄   ニヒル君)






click♪→ 『となりのこ』










ブログ横のランキングバナーを押してくださると嬉しいです^^

ではでは♪




共通テーマ:アート

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 431.jpg






画像 344.jpg






「Mもこれ読んでんの?」って
君 今更何バカなこと言ってんの?

私がブログなんてこ洒落たもの一人でできるわけないじゃん。
パソコンの画面見てると気分悪くなるし。

こだまちゃんの日記 
ブログにしてたとき
Mと君とでいろいろ操作してくれたの
忘れてるわけ?

どんな笊頭よ それ。

ここに私の挿絵載せてくれたのもM。
こだまちゃんの日記の挿絵はみんな揃って
Mん家のパソコンに保存してあるでしょ。

私は文打っておしまい。
後はMがMん家のパソコンでいろいろと操作してくれる。

君は探偵にはなれないね。
記憶力観察力洞察力推察力が見事にパー。

でも お姉ちゃんは
そんなバカ全開の君を気に入ってた。

「たくはお前なんかよりずっと大人だ。」
が口癖だったし。


君が「大人」だなんて 

ま さ か

笑っちゃうよ。


でも バカな君は人に好かれる。

先天的なものなのか
後天的なものなのか
きっと両方だね。

私は先天的じゃないから
せめて後天的に君のようになれるように
努力したいと思う。

バカ全開モードは遠慮しとくけど。














にほんブログ村 その他日記ブログ 泣き虫へ

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 431.jpg






画像 344.jpg






あのさ 私に携帯持たせようとするのやめてくれない?
かず兄にもそう言っといて。

「俺のバイト代だから。」って
かず兄優しいこと言ってくれるけど
 
 ・自分を卑下するな。
 ・弱さを見せるな。

がN家の鉄則。
私も守るよ。

一度甘えると癖になる。

相変わらず私のおばあちゃんは君からの電話を切ってるみたいだね。
君さ バカじゃない?
学習しなよ。

仮に私が出たとしても
おばあちゃんはほとんど家にいるから
横で聞いてて切っちゃうし。

一度それやられちゃったでしょ。

パソコンのメールとか私もようやく慣れてきたから
見る努力はするからさ
電話はよしなって。

でも たぶん返信は出来ない。
パソコン2分でやめたくなる。
目がチカチカして頭痛する。

こだまちゃんの日記をブログでを紹介してたとき
パソコン操作していて目眩がしちゃってさ
2日学校休んじゃった私ってかなりバカ。

Mと君が心配してくれて
代わりに紹介してくれてさ
嬉しかったな。

ありがとう。

N家の女はみんな揃って文明社会についてけない。
電話は切られちゃうんだから
通信方法はスーパータイムラグがある手紙どまり。
平安時代から進歩してない。

ああ でも電報があるか。







にほんブログ村 その他日記ブログ 泣き虫へ

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 431.jpg






画像 344.jpg






どしゃ降り。

叔母さんに連れられてカウンセリングに行ってきた。

お姉ちゃんがカウンセリングをあれほど嫌がった意味がようやくわかった。
聞かれたくないことを赤の他人に根掘り葉掘り聞かれんのは最悪。
家族のこととなると余計そう。
人でなし「父親」のことなんか思い出したくもないってのに。

またさ カウンセラーのベテラン「おばさん」が
好きになれないタイプでさ。

研修生引き連れてる時点で
もうどうかと思うんだよね。

家族を一度に亡くした少女に
もう少し配慮があってもいいと思わない?

でもさ その研修生がスーパーいい人。
自分が場違いなところいると感じちゃって
肩身狭そうにしてる大学出たての「女の子」。
フレッシュ過ぎて「女性」って感じじゃなくてさ。

カウンセリングが終わって
叔母さんの車に乗ろうとしたときに
傘もささずに飛び出してきて
「ごめんね。」って半泣きで謝る。

「来て良かったです。心が楽になりました。」って
反射的に答えたら
「無理しないで。」ってギュウッと強く抱きしめてくれた。

まいったよ。
私泣いちゃった。
カウンセリングよりもこっちの方がずっといい。

私何だかんだで「いい人」に恵まれる。
だから幸せなんだと思う。

私も誰かの「いい人」になれたらと思う。


そうだ
君ん家の月下美人どれか咲きそう?

こっちはどれも咲きそうにない。
その代わり子どもがたくさん出来ちゃって
コロコロ転がってる。
どれも育てるつもり。

欲しかったら10個単位でご注文受けたまわるけど
どう?















にほんブログ村 その他日記ブログ 泣き虫へ

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 431.jpg






画像 344.jpg






私 鬱なんだってさ。

私のお母さんの妹さんがさ
私のこと心配しちゃって
無理やり病院連れてってくれてさ
そう診断された。

「鬱と自分で自覚がないのは怖いんですよ。」
って医者が言う。

まだ 義務教育子どもがさ
いきなり 実の姉と実の母を亡くせば
そりゃまあ多少の期間どうかなる。
しかも「父親」がいないとなるとね。

でも 私はホントに元気。
かず兄と君が手紙くれるから。

かず兄字きれい。
君のは壊滅的な悪筆だね。

私もスーパー悪筆だから
人のこと言えないけどさ

君の「心のこもった」手紙

読んでてっていうか
見ててかなり笑える。













にほんブログ村 その他日記ブログ 泣き虫へ

共通テーマ:

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 431.jpg






画像 344.jpg






灯篭流し 美しく風流だった。

月並みな感想だよね。

「チョッチョ そういう言い方は可愛くない。」って
かず兄言いそう。

かず兄 具合どう?

果物いっぱい切ったげなよ。
君は私よりも林檎の皮むき上手いでしょ。
腹立つけど。

かず兄と君の手は大きい。
幼い頃からよく使ってきた手だよね。

何ナウシカみたいなこと言ってんだろ 私。
この物言いも可愛げないってかず兄言うだろうね。

君は風邪引きやすいし移されやすいから
予防に風邪薬飲んどきなよ。










共通テーマ:アート

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 431.jpg






こっちは送り火が済む頃
上手い具合に雨が降り始めた。

そっちはどう?

私んところのベジタブルピープル新米さん2人は
君ん家の送り火で送られてるんだろうななんて
思いながら鈴を打ってた。

まあ お盆に来るベジタブルピープルは
みんな揃って還る先は一緒だから
どの煙に流れてっても問題ないんだけどさ。

雨が降るとE君思い出す。

雨降りの絵が上手いから。
雫が地面や水面に当たって跳ね返る様子を
とても上手く表現する。
私も真似してみたけど彼のようにはいかなかったな。

ねえ もう「君」っていうの嫌。
お前が勝手に「君」にしたんだろって?

うるさいよ。

「泣きむし小僧」に変えちゃおっかな。
でもさ
『大切な泣きむし小僧へ』なんてシュール過ぎ。














共通テーマ:アート

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 431.jpg






画像 344.jpg






明日灯篭流し。

灯篭一つじゃ足りないよね。
私んとこのベジタブルピープル新米さん2人は
大喧嘩しながら三途の川を渡ってそだし。

でもまあ 親子だし一緒に乗っかってけばいいと思う。

かず兄は悪寒が走って夏風邪引いたって?
マジ笑える。

ぜぇったいそれお姉ちゃんだよ。

笑えるんだけど
夏風邪は性質が悪いっていうからお大事にって言っといて。
君は私の代わりにかず兄の看病しっかりしたげなよ。






共通テーマ:アート

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 431.jpg






画像 344.jpg






思い出がある分お前の方がつらいだろ。」って君が言う。

あのさ
何て答えたらいいかわからないセリフを言わないでくれる?

「たっちゃんはお父さんお母さんの思い出まったくないから
つらくなんかないよね。」
とでも言えっての?

バカじゃない?

まあ こんなこと書いてる私も相当なバカだけどさ。

私のおばあちゃん家に来るベジタブルピープル新米さん2人は
君の思い出の中の人でもある。

2人とも私のおばあちゃん家じゃなくて
君ん家に行きそう。

もう行ってるかも。

悪寒が走ったら
間違いなくそっちにお邪魔してるから
かず兄と2人して適当にかまってやってよ。


ああ それからセトとアドニスの話さ
書いてて歯が浮きそうだから
当分続きは載せないよ。

あとさ 君が書いてほしがる理由を教えてよ。
私にはさっぱりわからない。








共通テーマ:アート

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg







画像 431.jpg






画像 344.jpg






すごい雷が鳴ってる。

今日立換え花して来た。
あれから いろいろあったから
私んところは迎え火に迎えられて
野菜に乗ってくる人がいっぱいになっちゃった。

お盆の今 私のおばあちゃん家は
「ベジタブルピープル」で溢れてるんだと思う。

君のところはどう?
変わりなしだと思うけど。

君は
君ん家の迎え火に迎えられて来る
ベジタブルピープルの記憶がない。

かず兄はぼんやりある感じだよね。

君ん家でお姉ちゃんと私が「お盆」してたころ
毎年お盆の間中かず兄とお姉ちゃんは
何も言わずに互いに寄り添って離れなかった。

そんな2人を目にする度に
君も私も
お兄ちゃんお姉ちゃんの「弱さ」を垣間見ちゃった気がして
なんだかこっちも2人してくっつきあって離れられなくなっちゃってた。


今年は「寄り添い組み」も「くっつき組み」も離れ離れだね。





共通テーマ:アート

不倫相手さんへ [となりのこの母よりナカニシさんへ]

家系図.jpg



あなたに手紙書くわ。

安心しなさいよ。
投函する予定は無いんだから。

別に酔っ払ってなんか無いわよ。
私がお酒飲めないこと知ってるでしょ。

ねえ 今誰と寝てると思う?

かず兄よ。

あなたによく話している兄弟の上の方。

10代だから我武者羅に飛びついて来ると思うでしょ。
違うの。
すごく優しく抱いてくれるわ。

そりゃあ 最初の時は盛りのついた犬みたいだったわよ。
噛み付くようなキスをしてきた。

2度目からは別人。
あの子 中学生の時からガールフレンドいたから
何度か経験あるのね。

私なんか大学に入るまで男と手を握ったこともなかったってのに。

よく言う「一度だけの誤ち」のつもりだった。
常識くらいあるわ。

でも あなたと別れて私は隙間風が通りっぱなし。
そんな時にあの子に求められた。

あなたは笑うでしょうね。

「ヤリたい盛りの少年と欲求不満の中年女。
需要と供給が一致しただけだろ。」って。

わかってるわよ。
傍から見ればそれ以外の何でもないわ。

でも あの子 真剣なのよ。
ただ単に女の身体が欲しいってわけじゃないの。
「私」を必要としてるのよ。

自惚れじゃない。

そりゃあ あの子は母親がいないわけだし
私にその代理行為を求めている所があるんでしょうけど。

でも形が歪であろうと何であろうと
女はね
ひたすら愛され求められることが快感なの。

突き放さなくちゃって思うのよ。

でも あの子
私のシフトの周期だいたい知ってるから
私の帰りを私の家で待ってるの。
夕食の準備までして。

あの子が小学2年の時から合鍵を預けてたのが
良くなかったわね。

しっかりしてるからどうしても頼っちゃってたのよ。

家に着くとあの子が
「おかえりなさい。」って私のこと抱き寄せる。
背が高いし 
いつの間にか力も私より強くなってる。

大きめな手で身体を撫でられると
もう駄目。

抵抗なんか出来ないわよ。

あの子にされるがままになってる。

春休みが終われば
この「アンモラル」は
ピリオドが打たれるんでしょうけど。

高校へ通い出せば
あの子も同年代の子に興味を持つだろうし
娘達が戻れば私は母親役を優先するわけだし。

でもまあ そんなことはどうでもいいの。

私があなたに言いたかったのは
あの子に抱かれながら
私はずっとあなたのことを想っているってこと。

親になれば色恋沙汰なんてって思っていたけど
いくつになっても女は女ね。












アンモラル.jpg

あの後。







共通テーマ:アート

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 344.jpg






タカキ屋の3階で「竜」と出会った後
中2階にある隠し扉を見つけたね。
まるで忍者屋敷。

中は真っ暗。

君が懐中電灯を点けると凄まじい形相の仮面たちがゾロリと浮かび上がった。

思わず君にしがみついちゃったんだけど
「昔も『コスプレ』ってあったんだな。」なんて君が言うから
笑っちゃったよ。

君はいつもさりげなく優しい。

それから2人でゴソゴソ懐中電灯だけで歩き回って
箪笥の上でスーパー古ぼけたランタンと柄がやたら長いマッチを見つけた。

あのマッチっていつの時代のどこの国のマッチなんだろう?
タカキ屋は北海道と「貿易」してたわけだけど
西洋まがいの骨董もガラガラある。

しけてないのが奇跡なマッチでほこりの積もったランタンを灯した。
おんぼろランタンにどうして灯なんかついたのかしら。
今思うと謎。
君はバカだからそんなこと気にしてないだろうけど。

ボウッと照らし出された隠し部屋は宝物庫だった。

まるで異世界。
君も私も息を呑む。

お互いにお互いの息を呑む音がはっきり聞こえた。

初めてキスされたとき
あのランタンを灯した瞬間を思い出したの。
「鮮明な記憶が甦る」とでも言うのかしらね。

たぶん 口付ける直前の相手の呼吸音と
あのとき君の息を呑んだ音とが重なっちゃったんだね。

君はどうしてるんだろう?って考えちゃったら
何だか君とキスしているみたいだった。

だから
声を大にして言いたい。


ファーストキスの邪魔をするんじゃないっ!!

大バカ泣きむし小僧っ!!!






共通テーマ:アート

元気でしょ? [チョッチョより]

画像 432.jpg






画像 344.jpg






ねえ 覚えてる?

君と私とで私のおばあちゃんの実家の空屋敷を探検しに行ったときのこと。
バカでかい庄屋屋敷。

中に忍び込むと薄暗がりで
真夏なのにひんやりしていて君と顔を見合わせた。

3階まで一気に駆け上ったよね。

中央の一番立派な部屋に踏み込んだとき
欄間にサッと陽が射して
雲をうねる竜が
12畳いっぱいにウワッと映し出された。

君は驚いた声で
「チョッチョ 竜っ!」
って私の腕を痛いほど掴んだ。

君はバカだね。

君に言われなくても見えてるって。
でも嬉しかった。

君が私と同じ感性を持っていると思ったから。
それとも逆かな。
私が君と同じ感性を持てた。

私少しずれてるでしょ。
N家の女には変わった血が流れてるから仕方ないんだけど。

君がときどき見せる素直な感動に
私はいつも泣かされる。

私は素直さに欠ける。
お姉ちゃんが嫌った私の悪いところの一つ。

あの竜の欄間どうなるのかなぁ。

私のおばあちゃんが他界すればタカキ屋は取り壊されると思うけど
あそこにあるものすべてが文化遺産だから
竜の欄間も記念館かどこかに寄贈されるかも知れない。

たとえ粉々にされてしまっても
惜しいとは思わない。

君と2人で陽に射抜かれて飛び出した竜を
見ることが出来たから。

私の脳裏には
君と私の眼前に不意に姿を現した壮麗な竜が焼き付いている。

私は脳裏に焼き付いたものを
自分の外にまで必要としない。






共通テーマ:アート

元気でしょ? [たっちゃんへ一通目]

画像 432.jpg
















ねえ 読んでくれてる?
君は優しいから読んでくれてるよね。
「君」だなんて照れる?
でも 名前で書いたら怒って電話してくるでしょ。

ああ 電話は駄目なんだっけ。

手紙かな?
葉書にバカでかい字で書いてきそうな気もするけど。

私だけ携帯持ってないなんて笑っちゃうね。

自宅電話にかけてくれてるのに                                          私のおばあちゃんがバンバン電話切っちゃってるんだってね。
最近知ったの。

ホントごめん。

でも 君から電話があったって知ってメチャメチャ嬉しかった。

会いたい。

君に抱かれたいとかは思わないけど
側にいてほしいと思う。


ねえ
セトとアドニスが出てくる演劇クラブの台本のことなんだけど
どうして突然思い出したの?

あの台本さ Mと私が                                               教師と女子の受け狙いで                                              ふざけながら書いた台本なのに
君が「セト元気になってよかったな。アドニスいいやつじゃん。」って
バカ正直に感想言ったでしょ。

Mも私も何だかとても悪いことをしちゃった気がして
焚き火に台本放り込んだんだよね。

燃やしちゃった台本の代わりに書いたのは
君も知ってるあのスーパーバカな台本。
みんなご承知のとおりあの主人公は君がモデル。
敵のバカでかい鳥は私のお姉ちゃんがモデル。

あれ 大受けだったね。
教師陣も爆笑してたし。

お姉ちゃんは怒りまくってたけど。

でも お姉ちゃんもふざけて書いた                                                        セトとアドニスの「美しい感動物語」よりは
遥かにマシだって言ってた。


君が突然                                                         あのセトとアドニスの物語を思い出した理由が
私にはわからない。

まあ 君の思考回路はいつでもカオスだから
どっかのシナプスとシナプスがおかしな具合につながっちゃったんだね。

「もう一度書けよ。」って君に言われて
書いてみる気になったけど
ふざけて書いた台本だから
いいことなのか悪いことなのかわからない。

Mは君が書いてほしいって言うなら書きなよって言ってる。

とりあえず 
このブログに載せていくから暇なときにでも読んで
バカなやつって私のことを笑ってちょうだい。
 

 

家系図.jpg


共通テーマ:アート

愛したあなたへ [かず兄よりとなりのこの母へ]

家系図.jpg




何ていうか一通り落ち着いて
でも 離す気になれなくて
椅子に座って抱き寄せた。

息が整ってから
「これで私も犯罪者ってわけね。あのロクデナシと同じ。
だから結婚したのね。類は友を呼ぶって言うし。」
とあなたは俺ではなくて自分に呟く。

「俺が先に・・・」と言いかけたら
あなたは俺から離れ
「30歳差よ。かず兄は今年で16でしょ。犯罪成立。
上が知ったら親子の縁を切られるし
下の方は逆レイプだって訴えかねないわよ。」

上は上の娘ネエネエ、下は下の娘チョッチョ。

「29歳差ですよ。」
と言ったらあなたに笑われた。

「優しいかず兄か。シャワー先に浴びて来なさい。
お昼にしましょ。」

子ども扱いされたことが気に食わなくて
もう一度引き寄せて耳元に囁いた。

「一緒にどうですか。」


不意をつかれ
相手に優位に立たれたことにあなたは腹を立て
「生意気言ってないでズボン上げたら
そこの花瓶始末しといて。」
と言い一人で離れのバスルームに行ってしまった。

あの後っていうのは
どうしても男の方が間抜に見えて分が悪い。

 

 


 

真ん中三つが愛おしい.jpg

真ん中三つが愛おしい。

(Tき Mっちゃん となりのこの妹 たっちゃん となりのこ かず兄)



画像 008.jpg
  にほんブログ村 その他日記ブログ 泣き虫へ にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へbanner2.gif



アバウト ミー♪→http://kodamachann.blog.so-net.ne.jp/


共通テーマ:アート

愛したあなたへ [かず兄よりとなりのこの母へ]

家系図.jpg



一つ年上の彼女を作ったのはあなたが好きだったから。

ネエネエは俺があなたを慕っていることに
気付きながら口にしたことはなかった。



「母親像としての淡い思慕を恋愛感情とごっちゃにしている。」
ネエネエはそう思っていた。

何をするにしても一緒だったから
ネエネエも俺も互いに考えていることは何となく感じ取れるようになっててさ。

ネエネエは正しかったのかもしれない。
でもそんなことはどっちでもいい。

とにかく俺はあなたを愛した。




関係を持ったのは俺がネエネエと同じ高校に受かった後。
中途半端な春休み。

ネエネエとチョッチョはあなたの実家に行っていた。
「ご機嫌伺いってやつ。」ネエネエはそう言っていたけど
本当は違った。

ネエネエが嫌がる妹を引きずって
春休みいっぱい祖母の家に滞在したのは
自分の母親を脅すため。

「あの男から身を引かなければ
祖母に言いつける。
人の家庭を壊すんじゃない。」

ネエネエの言い分。

俺に抱かれ後
2人で遅い昼食を食べながら
自嘲気味にあなたが教えてくれた。



 高校へ入学前の春休みの間中
チョッチョからシーザーを預かっていた。

昼食前に散歩に出たら
夜勤帰りのあなたに会った。
 
「悪いわね。」
車を止めて顔を出す。

「家に寄ってきなさいよ。」
と助手席を開ける。

俺が返事をしないうちに
シーザーが乗り込む。

「犬は利巧ね。力関係がわかるのよ。」
ニヤッとこっちを見る。

あなたの家に着くと
俺は携帯から自宅に電話をかけた。
「昼はごちそうになってから帰るから。」




 電話の後 
「本格派よ。」と言いながら
あなたが紅茶を淹れ始める。

携帯を閉じたら午前11時と表示されていた。

あなたが住んでいた借家は造りが変わっている。

古い日本家屋なのに
下の階は応接間とキッチンしかない。

だだっ広い西洋風の応接間と
田舎の民家によくある台所。

大家が後付けしたバスルームや洗濯室は
離れになっている。

2階はネエネエとチョッチョが使う12畳1つと
あなたが使う6畳2つの3部屋。

そして
中2階から上がって行く屋根裏部屋。

勝手を知っているから
俺も紅茶の準備を手伝う。

応接間にあるガラス戸の食器棚から
カップやらスプーンやらを取り出す。

食器棚には
星型の角砂糖とコーヒーシュガーがそれぞれ瓶に入れられて
きれいに並べてある。

チョッチョの管轄区。

あなたもネエネエもこういうことが出来ない。

星型の方を銀の盆に乗せていたら
あなたが声をかけてきた。

「チョッチョその角砂糖齧るのよ。
あの子 味覚じゃなくて視覚で物を食べるの。
きれいなものとか幾何学的な形のものを食べたがるのよ。
自閉症っぽく見えるからやめなさいって言ったら
その言い方は差別だって言い返してきたわ。」

ときどきあなたは娘達や同僚のことを俺に話した。
いつも俺からの返事はどちらでもよかった。
ただ聞いてくれる相手がほしかっただけ。
本来ならば夫の役割だった。

あなたがサイドボードにポットを置いたのと
俺があなたを振り返ったのとが同時で
俺はかがんでいたから
目線の高さが合った。



両手で顔を包んで
口を重ねたら
あなたは抵抗しなかった。

もしあなたが夜勤明けじゃなかったら
思いっきり平手打ちをくらったかも知れない。

「『ヤキン』っててぇそいんだって。
お母さん『ヤキンアケ』になるとすぐ布団にもぐって寝ちゃう。」
おしゃべりなチョッチョがあなたが夜勤の日

俺とたくの家に泊まりに来る度に言っていた。

中学時代に付き合った子がいたから
手馴れたものとは言わないけど
初めてではないし
そのままテーブルに押し倒した。




 唇でなぞりながら下へ下りていくと
香水の匂いが鼻をついた。

母の日に贈られた香水。


瓶が可愛いからとチョッチョとMっちゃんが選び
それぞれの母親に贈った。

普段香水どころか化粧すらしないのに
娘から贈られるとつけるものなのかと思ったら
余計にあなたが愛しかった。

首筋を強く吸ったら
腕を回してきた。

だから手加減なしで
押し付けた。

タイトなスカートがもどかしくてさ

手を這わせていって触れたら
声上げたでしょ

気持ちいいんだって思ったら
ネエネエのこともチョッチョのことも
たくのことも
どうでもよくなってさ

激しくあなたを求めた。

あの時何を思ってたの?
俺と同じで何もかも吹っ飛んでた?

テーブルで2人して縺れ合っていたから
中央に飾ってあった花瓶が倒れた。

あなたが育てた真っ赤な薔薇が
水と一緒に一気に飛び散る。

花瓶はそのまま
床へ落ちていった。




真ん中三つが愛おしい.jpg

                        真ん中三つが愛おしい。
             (Tき Mっちゃん となりのこの妹 たっちゃん となりのこ かず兄)

画像 008.jpg
  にほんブログ村 その他日記ブログ 泣き虫へ にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へbanner2.gif



アバウト ミー♪→http://kodamachann.blog.so-net.ne.jp/


共通テーマ:アート

『アンモラル』 [『アンモラル』]

画像 057.jpg

となりのこ かず兄


共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。